読者登録お願いします
スポンサーリンク

霊症で困ってる方は逆に守りが増えるかもです

最近たいしたこと書いてなかったので久々にしんいな気分で書きます(日本語変ですか?)


ここ数日大変偏頭痛やらひどくて。


何しても駄目。薬飲んでも自分で気放射しても魔よけしても駄目。

本格的に困ってました。で今帰宅中電車の中でも困り果てて寝てたら(笑)


あるおばあさんがフッと現れたので起きました。


あんちゃん、あんちゃんって呼ぶので。

でその方数日前になくなったおばあさんで

生前私のことをとても気に入ってくれてて


あんちゃん、あんちゃんと呼んでた方でした。

スポンサーリンク


いつもあんちゃんが孫だったらなあ、とね。

その方がんで亡くなったのですが、あんちゃん、

痛いよう、助けてと現れたのです。


実は私女子供には其処まで優しくないがお年寄りには凄く優しいのです。

で全部納得。私に供養して欲しいんだな、ってね。その方子供いないし。

で供養について降りたことが。祈りは通じます。其処に我欲がなく他人のための祈りなら
特に。
で供養だが故人がこの方にして欲しいと思ってる人からの供養が一番通じます。
そりゃ当たりまえでしょ?うれしいじゃん。
霊能先生や他人の坊主の供養なんてうれしくないじゃん?

(ま、坊主の場合子孫の心使いがうれしいはあるが)。
ってことに気づいたのです。当たり前だが凄くない?
なので供養して欲しい霊が霊症起こして気づかせるってのは

供養して欲しい人に基本起こすわけ。
霊媒体質やらの方はやはりそういう供養すべき役割があるのです。


大変ですが。

逆に言うとそういった感じで多くの方を背負えば背負うほど

あなたを守ってくれる方が増えるのです。
私もその方を一生背負って行こうと思ってますし。

ま、そんなたいそうなことはできないんだけどさ

一生背負うなんて

毎朝の先祖供養の時に ふっと思い出したときは

意識しようかなとかそんな感じです

はい

ただ時々思い出すとかその時お線香やお水をお供えする

それはうれしいことですよね 多分なんだけど

コメント

  1. N より:

    この記事読ませていただいて、涙がなぜかポロポロ、泣けて仕方ないです。

  2. ほたる より:

    母方の曽祖母が、若い頃に夫を亡くして1人で子供育てて家建てたすごい人で、たまに思い出して感謝するんですが、こういうの、良い事なんですね。

    今度は水備えたり線香あげたりしながら、手を合わせてみようと思います。

  3. メケメケ王子三世 より:

    昨年、主人のお母様が亡くなりました。
    突然死でした。
    仲違いしたまま突然のお別れでした。
    良い嫁ではない私がお線香を上げたりお水やお花を上げたりは嫌かな?
    と不安に思っていましたが
    今日のお話しを読んでこれからも
    続けて行こうと思いました。
    少しだけでもお義母さんに届いていますように。

  4. ジミヘン より:

    良い嫁じゃなくても絶対喜びますよ~
    思い出すってやっぱうれしいじゃないですか

    年季法要ってそういう意味合いもあるのかもね~
    みんなが集まって故人を忍ぶって素晴らしいと思います

  5. AX より:

    ジミヘンさん、はじめまして。いつもブログ楽しく読ませて頂いております。
    霊障も供養の為ととらえればまた違ってくるのですね。
    私も今住んでいる家のせいか、自分の体質のせいか、異常な疲れやだるさを感じることがあります。 見えたりメッセージを受け取ったりすることはないので、ひたすら家をきれいにしたり自分を浄化したりしています。 インターネットで霊障や憑依と調べてみると、徐々にひどくなって最後は精神的に崩壊するようなことが書かれていたりします。 ただ、体調や気分がすぐれないという霊障と、人格まで変わってしまう憑依との違いはなんなのでしょうか? 教えてください。