雀鬼桜井章一が不敗だったのは 背後霊のおかげ?

朝っぱらから無性に聞きたくなった 酔いどれトムの 夢見る頃はいつも

哀しくも懐かしい思い出。

夢見る頃は無垢なものさ。友達と墓地を駆け回った。

笑いながら誓ったさ。死ぬまで離れないって。

恋するあの娘に伝えたさ。永遠に一緒だって。

でも彼女の心を砕いてしまったんだ。

雀鬼桜井章一氏と武術家甲野さんとの対談の本を読んでるのですが。
この桜井さんとにかく凄い背後ですね。

この方の著書は実はそんなに面白くないが(内容は面白いが文章的に)
対談は本とに面白いというか深いです。

この方の後ろが正に鬼神なんです。いやー、凄いですね。
日本的な鬼神ではなくもう中国の鬼神。

三国志時代の武将の背後にいたような鬼神です。

ちょっとこの方リーディングしたいのですが全く出来ません。


本人はそんなの全く気にしてないだろうが背後が

リーディングやら全くさせないです。


というか取り付くしまさえもないです。


現代日本人ででこんな中国的な鬼神ついてる方初めてみました。


ご自信に圧倒的自信のうえの自然体といいますか。

この方どんな方と会っても自然体でしょうし逆にどんな偉い方があいてでも


この方を上座にしちゃう(へんな表現だが上下関係的な意味ね)でしょうね。

多分一国の首相でも本音はそんな感じで接してしまわせる何かを秘めてます。


圧倒どころかもう凄いとしか言いようないです。

斉藤一人氏と対談して欲しいですね。


どんな出会いでどんな内容か、お互いどんな印象か、

どちらが上座かとか凄い興味あります

でも雀鬼というニックネーム まさにぴったりですね~

ついでに70年代歌舞伎町が持つ独特のニヒリズムを体現している

数少ない生き残りといいますか あとは 藤竜也?

プレイボーイの童貞相手の質問コーナーの 北方さんは

自己演出的にはそうなのでしょうが あんま感じないですね~ 70年代歌舞伎町の

ニヒリズムは はい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まろ猫改めくるる猫 より:

    ジミヘンさんブログで桜井章一氏の名前を見るとは〜笑

    生ける伝説・小島武夫氏もぜひリーディングしてほしいものです
    勝負師として名を上げる方は、
    やっぱり背後さんや前世も凄いのでしょうね…

  2. いち読者 より:

    中国の背後?
    本人が雀鬼だから?

  3. ジミヘン より:

    なぜかは分からんですな~ そっちの血が入ってたり
    親類縁者が あっちで生活してたりあるんですかね?

    先祖とか含めて そこは分からんですね~

    小島さん西原さんに登場してるイメージしかです ははは
    勝負も公営(野球やらも含む)ではない 裏の世界とものほうの

    方たちは まじで修羅を感じます

    以前桜井さんと同じ 裏の世界の代打ちのかた お会いしたことがですが

    まさに修羅でした 風貌も目がくぼみ みたいな