日光東照宮は本当にパワースポットなのか?

日光の謎編です 長くなりそうなので何度かに分けて
まず日光の目的。これ今まで色々論じられてるが多分私の説は。

これは東照宮に行って感じたというかリーディング始まったというか。
現地に行かないとわかんないことあるモノです。

ではざくっと。

ま、家康を神としてその威光で江戸幕府を未来永劫のものにする。
この大前提はま、みんな論じるでしょ。ま、その通りですがそれで終わってるのが。

視えない人です。

そのためには当たり前だが対抗勢力の力を削ぐ、威光を見せつけ気力を削ぐ。
それをある意味日本史上最高のレベルで作り上げた人工物というもの。

なので基本パワーを与えるものではないです。逆にパワーなんて吸い取る、もっと言い換えれば生命エネルギーを吸い取る仕掛けです。

で参拝者側と家康側から視る向きでこの建造物の意向全く変わるんです。
そこがこの間書いた神(家康)の向きから視る必要性ね。

それって当たり前じゃん。ってリーディングして思ったのです。
だって江戸幕府が何やったって徹底した大名統制。
具体的には参勤交代やら天下普請によって莫大な経済負担でしょ?

諸藩にとって経済力=力=藩の生命力じゃん。
そんなことする家康が諸藩が参拝する(特におくに行けばいくほど参拝できる人物の
格は上がるでしょ)ものにパワーを与えるわけないじゃん。

ま、足を踏み入れたとたん凄いパワーを吸われる感じしてですね。特に陽明門から先は
くらくらで。

スポンサーリンク

で確信したのは唐門の奥の御三家しか入れない漆塗りの座を見た時です。
一段低くなったその場所はもう正直ヤバイというかやだなと感じました。

漆の床からもうなんかよろしくなさげな気を感じかつ天井に気が吸われると言いますか。
何故か?普通御三家って将軍を補佐するべき立場で身内で味方じゃん?

って思うじゃん。違います。実はそこ、思い切り3代将軍家光の意思を感じたりで。
ほら、家光って弟の駿河大納言忠長に将軍の座取られそうだったじゃん?
お福さん(有名な春日の局の働きの)で有名な。

でそのとき絶対感じた実は最大の敵となるものは身内、特に最も力を持つ大名、御三家
であると。
この人実は仮想敵を御三家としていたと思われます。
ほら、家光の時代ってもう正直雄藩に敵はいないじゃん。
自分は生まれながらの将軍って言ってたくらいだから。

で御三家の中でもやはり南龍公の紀州を最大の敵と感じてます。
で次に筆頭の尾張。水戸は実は脅威感じてないです。

特に尾張と紀州の藩祖さん、兄弟で仲良くしかも名君じゃん。
この二つが手を組むと幕府最大の危機と感じてます。

なので東照宮には参らざるえないじゃん。ってことでそこの唐門の中までしか
御三家は入れないし、そこでやはり色んな式典というかそういうものをするわけだから
その場に霊的な仕掛けを生命力を弱める(これは本人もだが藩という生き物の生命力自体も)のは当たり前でしょ?

で家康の墓所の前に祖父清康を視たといったじゃん。
実はちょっと接触を図ってみたんです。
なんて答えるかな?とおもって。

すると自分は家康(竹千代)の最後の砦になる、と言ってました。
もっとリーディングすると家康が終生尊敬したのはよりともと祖父清康だったんです。
家康ってよりともを凄く尊敬してて東鏡を愛読書にしててよりともの政治手法をすごい
参考にしてるじゃん?

でそこももろに影響でよりともが八幡太郎を崇敬したように家康は清康を崇敬というか
ある意味より所にしてた感があります。

じゃ、なぜ将軍しか入っていけない場所で守ってるか?
変じゃん、歴代将軍が家康にはむかう分けないじゃん。

と普通思うじゃん。実は清康は創建当時からいるわけでは内容でして。
正確にはわかんないが感覚的にはやはり8代吉宗あたりからいる感じが。
続きは明日 あくまでもこういう見方もあるかもね~ くらいで思っといてね ははは

ほら、インチキ霊能者だからさ 私

ただ呪術的に視るとこんな見方になりますという感じで はい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. momo より:

    ジミヘンさんのリーディング、ワクワクしますね。続きとっても気になります!

    最近、東照宮が色々目に付く所に入ってきてて…
    σ(^_^;ここでもなのね!!と思ってしまいました(思い出の地なので少し辛い(笑))

  2. ジミヘン より:

    東照宮別れた男とですね!!美人はモテモテで思い出の地 たくさんあるじゃないですか~ うらやましい

    私の切ない思い出の地は冬のパリです 思い出すだけで胸かきむしられます
    なんてね
    熱海だよ 熱海!!
    干物喰ったことくらいです ははは