スポンサーリンク

中村遊郭は心霊スポット 逢魔が時が特におすすめ

半数以上の方は全く興味のないOR接点のない名古屋ネタです

士かも中村区のごく限られた地域のローカルネタで。コメントにもあるので。
私其処凄い詳しいというか。

でコメントにあったスーパーは大丈夫です 逆にお年寄りの行きやすいよいとこです
私的には実は清〇スーパーのほうが
其処は古い在日(多分朝鮮)の方の霊が凄く来てますね
あの辺りって戦前とか朝鮮部落とか近くにあったかも

で今は電気屋ですが大鳥居の横のスーパー、ここは空襲で亡くなった方達が結構
よって来ていまして

6時過ぎくらいになるととてもいましたね、また立体駐車場のあたりとか。
正直中村公園付近はいますね、とても

yjimage2bs5knfrなみにこ~んな感じの

旧遊郭街 そりゃあ出ますよって!!

最近はこの手の建物が開発で壊されてます

頑張れ河村さん 遊郭アミューズメントにしてください!!

あとは名古屋駅裏の銀座商店街ですが あそこは半端なくやばい
交差点から先ほどのスーパーの前の交差点までの通りはもうヤバイです

あの辺りよく原付で走ってたのですが正直なんど事故りそうになったことか。
もう空間が歪むんです。頭が痛いとかってレベルじゃなくて空間がぐにゃりと歪むのです
怖いとかというレベルじゃなく感覚がおかしくなる感じでして
で烏森駅の辺りは古い在日の方達がよく出ますね

スポンサーリンク

日赤病院近くの旧清正スーパーの横の
何件かスナックがある通りは夜になると人間の霊と人ならざるものも現れたり

で私がかまいたちにきられたのは何を隠そう中村遊郭の辺りの部屋だったりでして 笑
平和公園辺りも結構出ますが実は中村区は案外スポットなんです

空気がまだ薄暗い昭和の幽界の空気が残っててですね 夕方行くとその空気の感覚
分かると思います

で商売やめるけど奉ってたものは?ですが話したり説明する方法ないです
色んな霊能者こうすればとかよく言いますがないです

一度働いたものは基本働き続けるのです 時間の感覚って霊の世界はないというか

薄いですから
なのできつい言い方ですが奉り続けるしかないのです
そういう運めです

やめると本当に働いていたら祟られます
其処は覚悟して奉ったりするのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. km より:

    遊郭残っているんですね。
    身近にそうゆう古い建築が無いので見てみたいです。

  2. アリリ より:

    名古屋にも、遊郭有ったんですね。
    キャバレー花園の印象が強すぎて。。
    関西の地方にも有ったらしく、霊が出るとは、聞いていました。
    昔、建物の中に入った事がありますが、中は迷路の様でしたよ。

  3. アリリ より:

    名古屋にも、遊郭有ったんですね。
    キャバレー花園の印象が強すぎて。。
    関西の地方にも有ったらしく、霊が出るとは、聞いていました。
    昔、遊郭だった建物の中に入った事がありますが、中は迷路の様でしたよ。
    お客様が顔を合わせない様に配慮してあるとか。。

  4. 浅井康広 より:

    名古屋駅西側から、中村遊郭に続く街は、昭和独特の幽玄な雰囲気が残る。 

    戦後直後の名古屋駅西側は、白昼の路上で女性が襲われる場所だった。女は駅西に行くなと言われた時代もあった。

    現在はそこに、若者向きの、低価格、ワイン居酒屋なども立ち並ぶ。(ラーメン本郷、このブログで知り、行ってきました。豚骨醤油、おいしかったです。)
    傷ついた冷たい社会で、優しさが大切な時代に生きる、ノンキな若者が持つ雰囲気が、土地の持つネガティブな雰囲気をいやし、何かを修復しているのかなと思います。それは、京都三条河原に座り込んで、ノンキに愛を語る、若者カップルにも言えるのかなと。

    そういえば、平成の天才はしなやかさがキーワードですね。
    スケートの羽生弦
    野球の大谷翔平

    柔道やレスリングなど 女子は逆に、肉食系天才ですが。

    名古屋駅西、大須、大曽根は、地獄の1丁目の雰囲気な場所。
    深夜の女子大小路、池田公園周辺は、地獄の3丁目ぐらいの雰囲気でしょうか。

    NYに10年住んでいましたが、NYも、大須に近い雰囲気だなと。
    NYは地獄の1丁目の雰囲気。
    ただ、ウオールストリートは地獄の5丁目の雰囲気でした。
    5丁目まで行くと、逆に、虚飾に満ちた、キラビヤカさ。まぶしく、明るい。
    映画コンスタンティンに出てきた悪魔バルサザールのような、綺麗さ。
    トランプタワーの内装のような綺麗さ。
    イタリアのスーツ、真紅のフェラーリ。
    他人の人生を、虚偽を用いて滅ぼしてでも、自分の富に付け替え続ける。

    サイキックも無いのに済みません。

    イタリアは、血の臭いで一杯です。
    サッカーのスタイル、オペラ、料理、ファッション、車、建築、絵画、政治、バチカン、イタリア語

    どれも、血の臭いがべったり。
    罪が深い場所なのだと思います。

    それゆえに、人間の本能的な欲望を、強く引き付ける。

    半島に形成される国家は、何か清浄ではないものの、吹き溜まりになるのかなと思います。まるで、神宮を新規で建て、結界を張ると、もともとそこにいた不浄なものや、その周辺の不浄なものが結界の中に入れず、結界の外に、強制的に押しやられ、吹き溜まりができるような。
    神宮のような清浄なものと、不浄な吹き溜まりは、常にセット。

    日本という国に結界を張れば、不浄なものは周辺に押しやられるような。

  5. アリリ より:

    ジミヘンさん、コメント2回送ってしまいました…申し訳ありません。。

  6. ジミヘン より:

    キャバレー花園!!学生のころ友人が働いてました!!
    なんで?にしきとかにすればいいじゃんと聞くと

    キャバレー楽しいじゃん って
    懐かしいですね~ 行ったことはないけど
    昭和!!って感じで

  7. ジミヘン より:

    結界を張ると不浄は隅に たしかに
    もひとつ 日本ってめっちゃ聖との頂点とある種の不浄をセットにという不思議な
    民族学的見地が 天皇と八瀬童子だったり 城の近くに部落であったり

    昔は天皇の即位式で天部の尊格としては高くない かつ不浄的な邪法とされるような
    ダキニ天のしゅうほうを行っていたり 道々のものたちとなぜか皇族とのつながりや

    面白い国です

  8. 猫子 より:

    中村区の生活創庫の地下売り場で働いていました。。

    鈍感な私でも微妙に感じてました。

    でも、中村区の駅西。今は明るくなりましたね。思い出の場所なんで好きですよ。