読者登録お願いします
スポンサーリンク

刀剣乱舞 日本刀は魔除けとして使われていた?

刀のお話しまたです

刀についてちょっと気になったので

ある博物館へ行って展示されている

刀をリーディングしました。

結構通じなかったので家に帰り

先祖霊というものに聞いてみました。

まず刀は2種類ある。

簡単に言うと人を切るものと

奉納(神へ)するもの。


人を切るものは刀自体が血を欲しがっている。

どう欲しがっているかと言うと


空気に触れていると

同じ空間の血の匂いをかぎつけ欲しがる。


たとえて言うと鮫が血の匂いで

獲物を襲う感覚です。

なぜ血を欲しがるかと言うと

鉄を獲物を取るものとして

何千年と使ってきた意識と


刀自体の特性として血液の中の

鉄分を刀自体が吸収して(?)

より鉄としての強さを欲しがる、

と言うか今以上に切れるようになりたいと

言う欲求があるそうです。


ですので刀は鞘に入れる必要があり

(目隠しの意味合いもあるそうです)、


また妖刀ではないが突然斬りたい

衝動が起こるそうです。

刀自体とても強い意識を持っており

近くの人間の意識まで

コントロールする力があるそうです。

抜き身の刀を持って

目の前に立たれた恐怖感って

そういう必要以上の恐怖への


刀からの支配もあるそうです。

で奉納のものです。

これは2種類あり人を切る道具としての

刀を奉納する場合と


はじめから奉納として作られたものです。


後者はやはり霊的にとても力があるそうです。


まずは神に使ってもらい

この世界の災いを鎮めてもらうもの。

これは文字通り


災いの元を斬るというやつです。

ではどうやってお守りの刀が霊的なものを斬るか、

ですがまずは結界として作用して


その結果に入ってきたものを文字通り斬る、

というものとその霊が刀の光に誘われて


斬られに行くといったことがあります。

私自身が目撃したことを書くと

霊(黒いような塊)を刀が追いかけ

斬るのですが


刀自体が光って光で斬るという感じです。

刀身に太陽光が反射した感じの
何十倍も強い光というか刀が

発光しその刀で真っ二つに切るんです。


多分霊的に作用する刀の

重要なとこって刀身の光なんだと思います。

ですので太古の神器って鏡にしても

光を反射するものでしょ?


その反射の光で魔を避ける

意味合いが強いんです。

スポンサーリンク


古代では多分磨き上げた鏡や刀以上に

反射するものってなかったんだと思います。


(水もありますが水も聖なるものでしょ)。

光と言うものの重要性が

今以上にわかっていたので

その元の太陽を崇拝していたのでしょう。


では実際どのくらいの結界かというと

祖母が包丁使ったときは

多分畳み1畳くらいだと思います。

まあ使う人の技量と意識付けによって

差はあるが何も術をしないとそんなもの気が。


で手っ取り早くお守りとして使う方法を。


たとえばどう考えても

この人の生霊とわかってる場合を。

基本寝てるときが一番無防備なので

枕元に包丁置きます。


その前にその人の写真でも何でも

情報があるものに包丁をおいて

その人物を
意識させその後に水を含んだスポンジでも

何でも良いので切れ味の軽いものを何度も斬り


霊を斬って血(水分)

を浴びる感覚を覚えさせます。

 

さて続きはまた明日の朝です

と過去記事リメイクですが かなり書いてますなあ~

旧ブログの初期の頃って

ちょっとまずいね 術が具体的で ははは

ま、大事なとこは抜いてますが 

ちょっと後半はまずいかも

コメント

  1. たちきち より:

    記事に全く関係ないですがジミヘンさんにリーディングしてほしい土地ですhttp://news.livedoor.com/lite/article_detail/12079694/

  2. ゆきさち より:

    ジミヘンさんお久しぶりです。

    刀って

    数年前にジャン・レノさんとボトルパームさんと訪れた京都府の神谷神社を思い出しましたよ。

    • ボトルパーム より:

      えっと、ぶら下がり位置はここでいいのかな?

      ゆきさちさん
      お久しぶりです。
      たまたまここ2,3日、ゆきさちさんどうしてらっしゃるかなあとぼんやり思っていたところでした。
      以前ちらっとお話しした丹後のお塩が届いたので封書で送れないかな~なんて考えてたんです。
      丹後~丹波の旅、懐かしいです。立ち飲み屋…じゃない(誤変換)、太刀宮さんですね。
      明神谷の出雲の国から迎えた国見剣を祀るとされています。
      うちの娘が生まれて最初にお参りした神社が、なぜかここでした。
      実家の兵庫県の神社にも行かないうちに京都府の太刀宮さんって、運転して連れて行ってくれた私の父は何を考えてたんだろうなって思います(笑)。何かのご縁でしょうか。
      色々鮮明に覚えていますよ。また行きたいですね。

    • ジャン・レノ より:

      そう言えば、私もちょうど昨日!
      Facebookでゆきさちさんに連れて行って頂いたモンゴルの里でモンゴル民族衣装を着てゆきさちさんに撮って頂いた写真が出てきまして‼
      私もゆきさちさんの事や京都元伊勢の事を思い出しておりました!
      (*^.^*)

      そうそう!
      昨日はもう1つ、こちらもジミヘンさん読者かつてのアラフォー(今アラフィフ)仲間のうさぎさんとコメントでお話しまして、久しぶりだったのにセリさんに会いに岩手に行こう‼なんて話してました!
      (≡^∇^≡)
      ジミヘンさんのブログのお陰で素敵な出逢い、お仲間が出来ました!
      ゆるゆるブログコメ欄に感謝です。
      オバンメンバーは茶飲み友達が出来て喜んでます!

  3. ジャン・レノ より:

    うっわー!ゆきさちさん!
    ご無沙汰してます。お元気でしたか?!
    懐かしい方達最近コメ欄でお見かけしないのでどうされてるかな?なんて案じておりましたよ。
    私は性懲りもなく気の向くままにシャシャリでてますよ~♪
    良かった。このブログで繋がっていますね。
    (*^^*)

    • ボトルパーム より:

      ジャン・レノさん
      お久しぶりです。
      お元気でしたか~。
      神剣といえば石上神宮の七支刀が浮かびますね。
      あれを見たとき鹿の角みたいだ~と思いました。
      あの形状では実質何かを切れそうには見えません。
      やはり「この世の災いを鎮めてもらう」ものなんでしょうね。
      石上神宮の空気も刀みたいにキリリとした感じがするように思います。

      で、奈良へはいつお越しで?笑

      • ジャン・レノ より:

        石上神宮は神社の中で最初に好きになった所で、御神剣守りは今も長野に持って来ています!二つ目なんですけど、ボトルパームさんから頂いたんですよね!
        ありがとうございます!
        あれは人を切る為ではなく魔除けっぽいですね。剣が御神体なんですよね。
        三重で追突事故にあった時、私の席側が追突されて車はみるも無惨に大破したのに私は無傷。
        追突された側に石上神宮の御神剣守りを入れたバッグを置いていました。
        その後1つ目を紛失したので守ってくれたのかなって思って思いました。

        実は自分の中では奈良で回る所は決めてあるのですよ!沢山あるから3泊位しないと廻れないからこの際住んじゃいたい位なんですよね。本当に!
        いつか住んでみたい。

        また人のブログで長々スミマセン‼

  4. ボトルパーム より:

    今日の記事を読んで、刀で思い出したことがあります。
    ゆきさちさんへの返信でも書いた父ですが、私が子供の頃、ブレーキの利かない自転車に乗っていた子供に車で当たってしまったことがありました。
    その子のお父さんが893さんで、呼び出しが来まして、父がそのお宅に出向いてみたら、そのお父さんお酒をかっくらう傍で、畳に刀をブスリと刺してあったというのです。
    勿論「言うこと聞かないと…わかってるだろうな」という脅しだったのでしょうが、
    父は悪霊扱いだったのかと(爆)。

    少し前にテレビで観てほほ~と思ったのですが、
    向け方によっては刀が相手から見えなくなってしまうのだそうですね。
    背景に刀そのものが溶け込んでしまって、背景と区別がつかなくなるのだそうです。
    これも光を使った刀の使い方かもしれないなと思いました。
    刀剣の事をよくご存じの方なら当たり前のことなのかもしれませんが、時代劇でチャンバラ見る位で何も知らないものですから、実際に検証しているのを見たときはけっこう「おおっ」と衝撃でした。

  5. 山女 より:

    こんにちは。私の父が刀が趣味でそれほど高価ではないと思うのですが数刀鍵つきのロッカーに入っています。身内に誰も欲しがる者はいないので父が亡くなったらどうするか困っています。お宝やさんとかで買い取ってくれないかなと思っています。残されて困るものとか結構ありますね。義父が彫った手彫りの観音様とか…くれると言われましたが丁重にお断りしました。形あるものはなんだか怖いです。