読者登録お願いします
スポンサーリンク

できる上司が会社を殺す?部下のモチベーションを下げる?前編

占いは現在やっていないと書いていますが

実は縁のある方やどうしても断れない方中心で


少しやってるんです。

(中々義理やらって断れないでしょ?)。

今回はこの間の相談がいろんな方に

当てはまると思ったので書きます。


とある管理職の方からの相談で

会社のプロジェクトについてです。

その方はとても頭もよく実行力もある方でまあ、

ある意味独裁方のリーダーです。


部下からも色々な意見も出ますが

結局はこの方が最初に考えていた案を

押し通す人です。

内容を聞くと他のどの案よりも

筋も通っていて成功の可能性が高いので

それになるのは


ある意味当然、なのです。

しかしいかんせん結果がついてこない、

部下もついてこない、と言う内容です。


多分このようなパターンは多いと思います。


基本上に行く人間って頭が切れるでしょ?

そのあたりについて。

まずその方は他の方の案は

基本ばっさり切ります。

斬り方もその本人が何の反論も


出来ないように理論的に。


するとその後は基本

反対意見はなくなっていきます。


その方にすると他の案は

稚拙で正しくないと認識なんです。


確かによく聞くとその方の案は

とても練られているし

そこまでの労力を誰よりも

つかっていると感じます。

で私のアドバイスです。

基本いろんな方のアイデアは

否定してはいけません。

正しい、正しくない、ではなく


基本すべてのアイデアは正しいんです。

(当たり前だが常識の範囲内でね)。

且つそのアイデアを産むまでに

その方は相当努力と苦労をしたと

いうことを認めなければ。

スポンサーリンク


あなたにとっては稚拙かも

しれないのだがその方にとっては

100パーセントで作ったかもでしょ?


それを否定してはいけません。


また理屈やらで相手を

納得させているつもりでも

相手は納得でなく単に意見を戦わすのが


嫌になり納得でなくもうどうぞ、

ご自由に、と言う感じで持論を引っ込めるものだ、

と言うことを伝えました。

人間そんなものでしょ?

なんか言っても10倍くらい

返ってくる相手にはもうはいはい、


って感じじゃん。


そんなことでは100パーセント協力します、

ってならないでしょ?部署全体も。

よくありがちでしょ?この手の上司で

部署全体のモチベーションが下がって

且つ退職者も増える

でも経営者や その上の部長なんかは

その上司の手腕を買っているので

中々 お前そのやり方ではついてこないぞ!!

とは言いにくいというのが

しかも 部長よりもその上司のほうが

明らかに能力が上だったりすると

将来の役員候補として 役員陣も考えてます

という人材だと尚更

この話長くなるので 後編に続きます

 

コメント

  1. まり子 より:

    正しいなら認めるだけの力も部下に欲しい所も;;
    仕事が出来る上司には、威張らなければ着いてくる部下も(^o^)
    人との兼ね合いですから難しいところも;;

  2. ジャン・レノ より:

    いやー、正にそのまんまの職場を経験しました。
    「俺は出来る!」を主張する人で、人の話は聞かない。速いが一番!それ以外は全否定。特に女子ははなから否定。
    …という独裁者の下では皆出来る筈の事まで出来なくなり精神を病んで行くものあり、物は割る、遅刻は増える、モチベーション落ちる…結果、以前より辞める時期を早める人多数。辞めると2度と戻って来ない…という特殊な職場を経験しました。
    いい経験でした。お勉強。

    ま、そういうタイプは実は2番手タイプだと思っています。
    女房役にしたらこんなに頼りになる奴はいない…という。
    頭になっちゃいけないタイプって居ますよね。
    (^_^;)

  3. yokoma より:

    ま~さ~に、今勤めている小企業(役員家族経営)がそれです。小企業なので、中間は無く二代目息子社長が従業員を束ねているのです。
    「業務上なにかあれば何でも意見・提案を御願いします」と社長自身言っておきながら、こちらが提案すれば理屈をこねられて逆上されて終わり。
    家族経営の2代目社長だからね~で、怒られても自分を納得させています。泥舟でも勤めているのは自分ですから。

  4. ジミヘン より:

    私的にはですね 仕事ができる=実務ができるのですが
    (数字を残せる)
    それだけでは 評価半分ですね

    特に日本で働く場合 職場の空気をよくできる 離職率を
    減らせる、メンへら率を減らせる、
    従業員が楽しくやりがいを持って働ける

    という モチベーションの評価も50みたいな
    それが管理職です!!
    というか そういう方を優遇します もしそんなに数字を残せなくても

    数字残せる人って 探せば結構いるじゃん それってそんな特別なこと
    してるわけでも その人しかできないわけでもだもん

    ですが 職場の空気よくできる方って その方しかできない場合が多いので
    はい

    一人が30%上げるより 全体で5パーセント上がるほうが
    数字は上がるもん

    という発想です ま、独裁者が嫌いなのです ははは 面倒だもん

  5. ジミヘン より:

    部下の力ですね これ 指導力にもなのですが
    世間って 上司の指導力ばかり話題でしょ?

    本当は 部下や新人の指導され力を上げるのが大事で
    やっぱ教えたくなくなる新人いるじゃん

    それよりは 親身になって教えたくなる新人のほうがいいでしょ?
    それが教えられ力

    企業もそっちを重視すりゃいいのに
    記事にします

  6. ムスメッコ より:

    これは面白い記事…!
    次の記事も楽しみにしてます!

  7. N より:

    うわー、うちのダンナの話かと思いました。怒鳴る、威圧する、部下は全員使えない奴、若手はバタバタ体調不良でやめていき、わたしは精神病みました。今でもフラッシュバックで時々固まります。恐怖思い出し。

  8. ジミヘン より:

    こういう言い方はあれですが 怒鳴る上司って 上司自体が壊れてるんですよね
    精神的に 本人は気づかないか 気づいていても表に出さないけど

    病んでる人が上司やだんなという 立場が上(?)で普段から
    接してたら そりゃあ部下も妻も病みますよ

    上に立つ者こそ 病んではダメですってね ま、数字や管理で病むのも
    わかるけど

    そこは 自分で自分を上手にコントロールしてくれよって
    たぶん 昭和の従来型の怒鳴る上司像は もうだめでしょ

    対話型の日ハムの監督型が 伸びてくんじゃないですかね~
    上司像よりも 部下像が変わってますから

    部下に合わせる度量も大事かもね 合わせるとこは合わせ引かないとこは引かないという