スポンサーリンク

エロ坊主瀬戸内寂聴 その魅力に迫る

さてさて お若いお坊さんにお会いしました

とても勉強熱心で 行も積まれている方で  頭も良く

世間的には立派な方と言われちゃうはずなのです

と言う言い方がいやらしいでしょ?
ははは
決定的に致命的なとこが
可愛くないのです 威張ってるとか感じ悪いとか

そういうのはないのです

可愛げがなく写っちゃうのです


年相応の知識って大事ですな

それ以上の知識を持つというのは

時として可愛くなくなっちゃいます
強いて言えば理系のめっちゃ賢い人が

日常会話も論理的で全くつまらん!!

的な感じと言いますか


なんか言うと言い負かされちゃいそうみたいな
年相応以上の知識を持ってたら

上手なアウトプットの方法
これがメッチャ大事ですね

要は伝える技術と魅力ね

ほら、我々日本人って別に討論好きじゃないじゃん
どっちかというとくだらない会話で
宿便漏れちゃいそうなくらいゆるい感じの方が楽しいじゃん


結局ですね

人間って何を言うのが大事というよりも
誰が言うと言うのが結構大事なのです

割合と
ビジネスの話じゃないんだもん お坊さんの話なんて
で話してくと

どうすれば女性にもてるようになるんですか?
と言う話に変わっていき

思わずお前のその話し方だよ!!原因は!!
と言いたくなっちゃいました

こういう言い方はあれですが

案外会話なんて 何話してたかって

覚えてないことが多い

スポンサーリンク

覚えてるのって印象的な言葉だったりで

内容すべては覚えてない

このお坊さん 話してて 会話の内容すべてが

とても立派なのですが

話に抑揚がないというか

結局くだらないものの中に

立派なことはふっと入るから

印象的に残るでしょ?

難しい話ばっかだったら 眠くなるし

脳が受け入れないじゃん

最初から

くだらん話でひきつけて その中に大事な話を

なのです

そのあたりが 純粋培養された

熱心であればあるほど

お坊さんや宗教者が弱いとこであって

はい

世間ずれも世間の荒波もないとこですからね~

ま、そんなこと考えて聞いてたのです

大事なのは話の内容より 誰が話すかだなあって

その 誰というの磨いたほうがいいぞ~って

せっかく熱心なのですから まじめで

カリスマ的魅力を持ったら もっといいよね

中身のないカリスマより 断然いいじゃん

って話をしてですね~

そしたら どうやったら?って聞くから

お前が考えろ~ってね

ははは

とりあえずはさ この人に会いたいな~

話したいなあ~というのになったら?って

寂聴さんだって なんかそういうのがあるから

ありがたがってたくさんの人が

話聞きに来るわけじゃん

たぶん寂聴さんより立派な話できる人

たくさんいると思うけど

坊さんで

でもあそこまで 人集めれる人いないですよね~

だって元作家で知名度があるから

と コメントしそうな名前が思い浮かびますが

ははは

元作家で知名度 これだって立派な魅力だもん

はい

魅力的になれば 自分から行かなくたって

あいてから会いに来ますよって話

大事です そうなれば

何やったってうまくいくでしょ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yokoma より:

    坊さんとエロ、昔からの永遠のテーマですかね。
    個人的には坊主がどうしたら女にモテルかなんか考えるなと思っています。けど修行中でもエロを考えてしまうのでしょうね。
    瀬戸内さん、容姿は一般的に?で決して一般的な美人でないですが、子供を置いて男と不倫駆け落ちとか、いろんな意味でやり尽きて仏門に入ったのか否か知りたいです。人をひきつける魅力はあるにせよ、子供を置いて駆け落ち~がどうしても浮かんでしまいます。あと母性より牝としての本能が勝ってしまった方としかね。

  2. いち読者 より:

    ようは仏教とは対極にある人だよね。
    ありあまる自分大好きエネルギーで成功しずっとやってきて90才になろうという今まで変わらない。
    言うなれば究極の極道。
    魅力もありスゴい人だけど説法には何の意味もないし人々もそんな部分を求めてはいない。
    勿論宗教家としては価値はない。
    そこらの普通のおばあちゃんのほうがよほど仏教に近いところにいるよ。

  3. いち読者 より:

    やり尽きて仏門に入ったとかそんなことは全然ないよ?
    そんなヤワな人間だったら今あんなポジションになってはいない。
    むしろやり足らなかったからというのが見たままの瀬戸内キャラで
    愛人にしたオトコも宗教のホトケも
    本人にとっては全く対象のレベルとして変わらんのよ。

  4. ジミヘン より:

    タイムリーコメ!!実は 行や道の入り方書こうと思ってたのです
    苦しみから道を求めるのと楽しみから求める

    出発地点が違うんだよ~って話を 

  5. yokoma より:

    瀬戸内氏が94歳にもなって今も「メス」の視点で物申しているのが気持ち悪いというかなんと言うかです、はい。
    欲深い性格の長生きの例ですかね?
    個人的にエロに関してはアラフォーですが、もう、萎えてます(どうでもいい情報すいません)

  6. いち読者 より:

    人々や社会のことをなんか思いやったり考えたりふうに語っていても
    当の本人の正体は自分のことだけしか考えて生きられない女で
    何を経験しようがおそらく死ぬまでそのままであるのが素晴らしい。
    偽善者とかいう小物を超越した何かであるのは確かだろう。
    入り口が外道でゴールが仏道でもなく、外道一直線の極め道。

  7. いち読者 より:

    瀬戸内モデルは出発地点も違うが到達点も違うだろう。
    袈裟を着て説法で人を呼べれば行き着くところは同じなのか。
    違うだろう。
    仏門をくぐらずジーンズTシャツ姿でも、目の前にいるのがわずか一人や二人であろうとも、仏道を求めたなら、人生の到達点は同じなんだよ。

  8. 翠榎 より:

    あの方はご背後が南朝方のお方なのです。
    根底のところで現在のご皇室に怨みを持たれておられる存在です。
    ですので、これまでもそれが折に触れては出て参りましたし、恐らくはこれからも。
    美輪さんと親和性が高いのもそのあたりに理由があります。

  9. チャム41 より:

    寂聴さんのリベラルなとこあんま好きではないというか。音楽家や作家はリベラル多いですけど表現以外で活動されるとなんだかなと。政治的活動される時は個人でと強調して僧の衣装着ないでやって欲しいです。でも僧で作家だから知名度あるんですよね〜。作家だけだったらこんな知名度ないですよ。たまたま僧で作家なのか自己プロデュースなのか気になりますね。自己プロデュースな気がしますけど 笑

  10. Mally より:

    確かに年相応って大事だなぁと年を取る度に痛感します。
    自分のことを棚に上げて恐縮ですが、若々しさのない若者も、いい年して中身がない大人も、魅力ないしモテない。
    「年相応」や「分相応」の明確な基準は分かりませんが、不相応すぎるのは客観的に見てイタいので、いい意味でアラフォーらしくありたいと思います。
    ・・・でも、アラフォーらしさって何だろう(苦笑)

    神仏に仕える方でも、(単に「恋愛がしたい」ではなく)「モテたい」欲があるのですね。それをジミヘンさんに相談するお坊さん・・・失礼ながら想像するとちょっと笑えました。

    私もいつかモテブレス欲しいです。

  11. いち読者 より:

    寂聴さんを袈裟タレントとして楽しんでる一般人はどうでもいいけど、真面目に宗教のヒントとか模索しちゃう人はちょっとヤバい気がする。

    さんざやんちゃやってきて世の中知ってるふうな庶民性に普通の坊さんを上回る長所を見てしまうとか
    人間の欲や愚かさを自家体験した上で出家した解脱パターンへの真実味を感じるとか
    そんな感じな。

    全部お気楽な妄想だからすがっても無駄だし、餌になって食われないだけでもマシとしなければならない。

  12. ジミヘン より:

    さて寂聴さん 好き嫌いありますが ただあそこまで人を集めれるのはすごいです
    ま、私好きではないし 小保方さんと対談って え?ありえん と思いましたが

    ははは

    私なんかは 有名作家が広告塔となって 仏教の入り口を広げるのはありだと思ってます
    そこで止まる方もいれば きっかけとして 深く入る方もいるし

    パイを広げるのって 必要と思ってますから
    実は 小乗的なものそんな好きではなく それってある種のオナニーじゃん

    小乗的に突き詰める努力をした方が 誰にでもわかりやすく教えを説く
    これが大事なのでしょうなと

    逆に薄っぺらい方がひろめようとになってますよね~
    スピって 記事にします

    寂聴サン的手法はありですが 寂聴さんはあんま好きじゃないという感じかな ははは

  13. いち読者 より:

    エロ寂聴さんの成功した秘密を知りたいんでしょう?
    だったらオナニーを肯定しましょうよ。
    寂聴さんがリベラルな人に混じって適当にメシ一回くらい抜いてハンストっぽいことやって疲れたから帰りましょてやってる
    あれはまさしく公開オナニーですよ?
    ホトケもオトコも変わらんというのはそういうことだ。

    話が面白いとかそんな小手先の技術で瀬戸内さんは語れません。
    オナニーを世間に対して堂々とやってみせてくださいねってこと。

  14. サクレ より:

    寂聴さんは私の母のようなギブミーチョコレート世代(アラ80)の女性にとってある意味カリスマです。
    この世代は小学生の時に終戦を迎え、戦後教育を受けています。
    新しい女性の生き方として平凡な主婦でない奔放な女性、でも作家という知的な感じのする瀬戸内晴美(寂聴)さんや桐島洋子さん(桐島かれんさんのお母様)が憧れの存在だったと思います。
    今でも寂聴法話を聴きに行きたいと母は申しております。
    「渡る世間は鬼ばかり」並みの根強い人気です。

  15. いち読者 より:

    自分も含めた作家寂聴さんのファンの端くれにも大体分かろうよ。
    クリエイターにありがちというか
    特に昔の芸術だの文学などの界隈には人格的におかしいのがいっぱいいる。
    彼らは強烈な自我を持つゆえに時代を突き抜ける力を持ち
    歪な個性を持つゆえに魅力ある作品を生産できる。
    結果として
    離れた距離で作品を受けとる一般人は幸せかもしれないが
    リアルで付き合う家族や友人は被害を被ることが多いのな。
    有名人偉人の裏話によくみられる。
    寂聴さんの説法を遠くへ聞きにいくぶんはいいけど
    家族として友人としてあの人と人生を共有した場合どうだったかストーリーを考えてみればよい。

    聞きにいく人は仏教関係ないだろうし
    仏教による矯正が必要なのは説法してる本人のほうだろ
    常識に考えて。

  16. 匿名 より:

    瀬戸内氏の法話を御熱心に聴いている人も、まぁ、あれですけど。
    この人最初、修道女を志すも乳児を残して男性と逐電した過去の行状から教会から拒否された人ですよ。そして仏門へ(そこでも大多数から拒否)、やっと天台宗で得度。要は人生に箔を付けられるなら、なんでもよかったのね~って。
    そういう背景があることを知っていると、晴美さんの、どんなお話も上っ面だけの薄い話なんだと思います。全く共感しないです。個人的には嫌いな人物です。
     不倫大好き晴美ちゃん、命懸けなら不倫オッケー、
    周囲を引っ掻き回しといて結果は破局、でも命懸けなら~(無限ループ)。
    晴美ちゃんの業(ごう)は今世で解消無理なら来世で?不倫って相当罪深いと思うのですが……。

  17. johnny99 より:

    寂聴さん、そんな人だったんですね。

    若い頃、男といろいろ有ったってことは、子どもの頃母親から聞いて知っていましたが(^^;A

    自分の中に、お坊さん = エライ ってのが有って、まー無知な一般ピーポーの代表ですな。 勉強になりますm(__)m

    よくよく見たら、寂しく聴くって。
    聴いても寂しい気持ちにしかならんよって、自分で言ってたのね。

    この間、ジャンクで法話のCD売ってたけど、買わなくて良かったぁ~。

  18. ジミヘン より:

    寂聴さん 生臭なのね それ聞いたらちょっと好きになった 
    聖職者って実はどうしようもなく生臭で 社会のいろんなものをすってきて

    というあるまじき人のほうがいいんじゃないかと思ったりで
    泥の先の聖といいますか そこを感じさせない方って 
    じつは薄いというか きれいごとだけってね

    汚い部分も飲み込んで でも聖の心も大事です~といいますか

    ま、寂聴さんはしらんけど 実は説法やら著作読んだことないので ははは
    業が深ければ深いほど 救えるのかもと思うこともあったりなかったり

    ただ長生きで頭クリアな人が仰ることって たいしたことでなくても
    ありがたく感じちゃいますね 長生きは得です

  19. いち読者 より:

    まあそのありがちな寂聴解釈が妄想だろうというのはもう書いたし
    よりによって寂聴見習うならなら聖より性だというのももう書いた

  20. いち読者 より:

    なんというか見た目の形で小乗とか大乗とかいってるだけだよね。
    たかが少人数を相手に自己満はダメだとか。

    だったらなんで寂聴なのかと。
    寂聴は大勢に説法していてもスタイルは自己満どころではない
    まさに自分一人があるだけでしょうが。
    たった一人を直に相手していても
    つまらんなら相方放り出して一人でオナニーやりかねない今もって極道なのに
    よりによって大乗のサンプルにするのは冗談に過ぎるでしょ。

  21. 鈴木わんこ より:

    久しぶりにジミヘンさんブログにお邪魔しました。
    (*´Д`)( ゚Д゚)( ;∀;)((+_+))(*_*;(‘Д’)(;O;)(._.)(;・∀・)(;´Д`)(´゚д゚`)
    ちょっと、こんな気持になりました。
    あ、寂聴さん、好きでも嫌いでもないですが…。

  22. ジミヘン より:

    その顔文字から察すると
    さてコンビニ行ってポテチとコーラかってこよ

    ですね デブのもとです ははは
    ま、適当にコメもしてねっと

  23. (忍者)はっとり より:

    そうです。ゆるゆると。

    この日のコメ、今更ながら全部読んで久しぶりに笑いました。
    ニヤニヤというか。うひひ。
    ポテチとコーラは食べないけど、トマトジュース飲んじゃおって感じ。
    意味不明でスンマセン(=^x^=)

  24. 美人特派員 より:

    寂聴さん、嫌いじゃないですよ

    確か置いて出て来た娘さんの成人式にお着物を買ってあげようとしら、娘さんから

    あなたにしてもらうことは何もない

    というようなニュアンスの言葉を言われたことが仏門に入るきっかけとか。曖昧な記憶で違うかも知れませんが。

    きっとドラマチックな人生を歩んだ寂聴さんの言葉に何か魅力を感じているのかもしれません。そして言うことがワイドショー的でつかみは上手いし、正義感が強くて座り込みなんかしちゃう行動力も中々思ったように振る舞えない私達からみたら惹かれる要素なのでしょうね。まぁ、お身内からしたら散々でしょうが(^^;;

    好きと言う方は多分、宗教の本質などとは程遠い感覚的なもので好きとおっしゃっているのだと思います^^;