読者登録お願いします
スポンサーリンク

現代版妖怪退治 

鎌イタチ捕獲の続きです。


どうやら私の部屋は鎌イタチの通り道になっていたようです。


通る時間は大体深夜4時頃まで。

現れる日にちはなんとなく決まってるようで

月齢表で合わせると満月でない日が多いようです。


曇りや雨の日が多い傾向があります。

現れるときの気配は感じることが出来ました。

基本人系の霊は鳥肌が立ち、

動物やこの世に形として現れないもの

(人格霊や、自然霊)は湿疹と言うか蕁麻疹が出ます。

と言うことで大体の日にちに当たりをつけ

術を施しました。

ただ当時は術やらは詳しくなかったので

今思えば完全に素人レベルです。

具体的には通るルートは分かってるので

出て行くところに網を張ると言う術です。


簡単に言うとその空間に手から気を出し

九字の欄でも書いたように九字の網を掛けました。


(最後の切るはしません、九字の網はブログの九字で探してください)。

結果は見事に失敗。

そこに何もないように通りすぎて行きました。


その後何度か網の目を小さくしたり、

網に粘着質な意識を掛けましたが全く駄目。

はじめは何事もないように通りすぎましたが

何度目かの後、高熱に襲われました。


病院に行っても下がらず全身に湿疹が出たので

祖母に相談すると鎌イタチが余りにも


しつこいから制裁してきた、とのことでした。

祖母に鎌イタチの制裁を解いてもらうと

嘘のように熱は引きました。


方法は祖母が信仰している

11面観音の力をかり、治すと言うものです。

祖母いわくコツとしては全く疑うことなく

信じきると言うことです。


上手くはいえないがもう最初から治らないかも?

という意識は全くないんです。


治るのが当たり前と言うか。

そのためには毎日真言を唱え観音様にお参りをし


その治った成果が自信になっていくとのことです。

で祖母と話した失敗の原因はまず術が未熟。


そして根本的なことは私が鎌イタチを見えたために

この次元で網を張ったこと。

スポンサーリンク


鎌イタチ自体がこの次元にいないものなので

次元が違うとこに術を掛けても土台無理。

そして決定的なことは私自信の資質として

霊は見えるが扱ってはいけない人、


特に捕獲や手荒な術は全く向いてなく逆にやられてしまう、

霊に負けると言うことです。

これは力的なこともあるが性格的な問題なので

力は行でつけれるが根本の性質は


変えれないとのことです。

ではその後はどうしたか?ですが

寝る位置を変えました。

するとルートを邪魔しなくなったので


何事もなくなりました。

するとその後ちょくちょく夢や寝ばなの

ちょっと意識がまどろんだ頃に表れ

色々話してくるようになりました


その一つが何処何処のウサギショップ

にこういう色の何ヶ月のウサギがいるからうちに連れて来い、

でした。

ちょうどウサギを飼おうと思っていたときだったので

言われるままに買いに行くとやはりいました。

ちょうど予算内に。


ムロン買って来ましたよ。

それが我が家の初代のウサギさんです。

そのウサギがなつくし結構しゃべるんですよ。

(ムロンリーディングと言うかそんな感じで)。


でどうやらペットは結構飼い主のために

視えないものと戦ってるんだ、

また飼い主の望むことをがんばって

かなえようとするのだなあ、と知るわけです。


(当然力量によって結果は違います)。

そして最近その鎌イタチが引っ越した先の部屋の

台所をす何匹かのウサギの霊と

走ってるのを視てしまったのです。笑

コメント

  1. さき より:

    すごい日常・・・w
    かまいたちさんってどんな姿なんでしょう・・・
    かわいいんだろうな

  2. johnny99 より:

    結局、ジミヘンさんが鎌いたちの子分になったわけですね?(^^;

    たまたまあっちの次元の通り道かと思ったら、引っ越しても着いてくるんですね(^^;A

  3. ジミヘン より:

    かまいたちはおかまのいたちです
    ま、その後かまいたちに バッサリ首筋斬られたことも

    旧ブログに画像乗っけてますが
    ついてきてるのか そういうとこに引っ越してるのか

    どっちなんですかね?
    ま どっちでもいいですし 毎日のことではないので
    気にしないのです ははは

  4. johnny99 より:

    そういえば子どもの頃、遊んで帰ってきて、気が付いたらスパッと切った切り傷が有ったりすると、「おー、鎌いたちにやられたな。」とか家族に言われたりして。

    何でもそういう物のせいにする訳じゃないけど、そういう表現も後世に伝えていきたいもんですね。

    あまりにも昭和チックですかね?(^^;