読者登録お願いします
スポンサーリンク

易とユングと集合意識

 今日BEATLESを聞いていたら急にジョンとポールとブライアンウィルソ

ンのリーディングが始まったので後でそれを書きます。


(純粋なリーディングって意識せずに急に解るというか始まるものです

な)。

でなぜか易とユングについて書こうと思ったので書きます。
リーディングって何か?

過去世や先祖の影響とかリーディングと言うか霊視するじゃん
正直アレって本当にそういう過去だった、

前世だったというのではないんです。


ユングのいう集合意識の中の因子のひとつにそういうものがあり

それらが浮かび上がると
この現世に転生すると言うか影響を及ぼすものなのです。

正直偽者や中途半端な霊能者は外側からの影響でと言うが

(まあそれもあることはあるが)
本当は内側から上がってくるものなんです。


植物なんかと同じで基本的な性格、性質は中の因子であり、

外からの刺激は影響を与えるが
本質にはならないと言うことです。

何でも自然の摂理から学ぶのです。

 

で話は易(ユングは周易的ね)の話だが、

これもあまり言うと同業者につぶされそうだが、
占いや易の根本って本当はユングの易のアプローチが正しいんです。


正直ユングのアプローチは詳しく知らないが

私のリーディングの中でのユングのアプローチですが。

 本来の易やらというのは今で言う精神分析の一種です。
箱庭療法や絵画療法がなかった時代の精神分析が本来の使い方なんです。
このあたりを占いしさんや霊能者さんは全く分かってなくて

自分本位での占いにしちゃうのがだめな原因です。

 本来はクライアントにカードなり何なりを引いてもらって

そのでたカードの組み合わせを読むのではなく、引き方、

そのときの表情、引くまでの話の内容、引いたカード、

でた組み合わせからのクライアントの表情や行動から

読み取っていくんです。

スポンサーリンク

 でその読み取ると言うのがこちらの集合意識と相手の集合意識を

あわせると言うか入り込む

そのときの情報に集合意識の中の影響を与えてる過去世やらを

読むのが本当の霊視なんです。

ですのでその過去世というのがその方の前世である必要も可能性もないわけ

でたとえば人類、日本人としての集合意識としての過去世なのです。
ですので本当は確実にこれがこの人の過去世とは読み取れないのが

正直なところです。

 でユングですがたぶんそのあたりのことまで気づいていたと思います。
なぜならこの人自分ではある程度気づいてはいたと思うがかなりの

霊能ありますからね。


たぶん霊視と言うかビジョンが浮かぶ人でそれを幻覚なのかなんなのかで

かなり苦悩されてると思います。

最初は東洋思想も禅に興味を持っていた気が

 で霊的勘で集合意識えのアプローチとして易にたどり着いたのだと。
本人はでた卦から相手の集合意識を読み取ろうとしていますが、

たぶん卦が出る以前の相手の仕草、表情で

分かってしまっていたと思います。


ただ自分自身なぜその時点で分かるかと言うことが知りたくて

卦を読み取ろうとしてたのだと思います。

 高島易の開祖さんだって相談に来る方が卦を引く前と言うか相談する前に

答えを出してたのはそういうことなんです。

無意識に集合意識へアクセスと言うかね。

 と言う感じで易や占いの本当の意味って精神分析の方法と言うか

潜在意識にアクセスする道具なんです。

箱庭療法よりもクライアントにとっては非現実でしょ?


それって実は大切なことで、集合意識という非現実な世界

(顕在世界でなく潜在意識の世界)
へのアプローチの大切なことってあいての意識下の意識を

非現実の意識にいかに引き込むか、何です。

ですので結構よいアプローチなんです。

と過去記事ですが なかなかいいこと書いてます 

けっこう腑に落ちることあり

本当に私が書いたの?と思うくらいの深いです

ということで ポールで私が最も好きな曲 

ピースフルだな~

ちょっと表情が福山に似てません?

コメント

  1. さんふぃっしゅ より:

    「その過去世というのがその方の前世である必要も可能性もない」
    なるほど、そうか、と思いました。たぶんトラウマとかもそうと思います。
    それが事実かどうか(だけ)でなくて、(もちろんクライアントの過去の体験としてそれは真実)そのトラウマの意識がいまどんなふうに影響しているのかを大事にするというか。そのあたり、ずれてしまうとカウンセリングもうまくいかなかったり。

    クライアントの表情や仕草から読み取るというのも、それだけだと読み取る側の「自分本位」になったりするのが難しいところで、出た卦の意味と照らし合わせることで、自分の読み取りの裏付けとか確認する感じなのかな、と思いました。

    いつも色々考えさせられるなーと思いながら読ませていただいています。ユングと易というのに刺激されてコメントしたくなってしまいました。

  2. 翠榎 より:

    ワイス博士はユングのその、民族的無意識論、人類共通の無意識論、というものをとても高く評価していましたね。
    曰わく「ユングはそこに気づいていました」。
    それに対してフロイトについては、彼の構築した精神分析学については高く評価しているものの、ことフロイト自身に対しては、
    「個人的な無意識(潜在意識)のところに留まってしまって『その先にあるもの』には気づいていませんでした」
    という評価でした。
    でも面白いのは、そんなワイス博士の臨床アプローチは、ユングの創始した分析心理学や箱庭療法的アプローチではなく、
    フロイトの精神分析学の手法に則ったそのものなんですよね。
    ただ、上述しましたように、その掘り下げる領域を患者の「今世」に留まらせずに、やはり「その先」にまで行かせてしまうことであり、そこがフロイトとの違いになるんですけど。
    著書にはっきり書いているわけではないものの、ワイス博士自身はもしかしたら自分の行っている治療における「前世」ということと、ユングの述べる「集合無意識」というものを、同種のものとして捉えているのかもしれません。
    また、先日も述べましたように、ワイス博士は近年は「未来」ということにその治療領域を広げています。

  3. 翠榎 より:

    それから
    「自分に見えている前世が必ずしもその人本人の前世とは限らない」
    というご意見には思わず膝を打ってしまいました。
    なにか、それこそ私の無意識のところで深く首肯してしまうものがあったというか。
    それで、複数の人(患者さんその他)が、同じ前世を「自分の前世」として見たり、
    また、同じ人が、前世療法などで、同時代の異なる国や場所での「前世」を見てしまったりすることの説明がつきます。
    それをもって、否定論者は「だから前世(療法)はインチキだ」的なことを鬼の首を取ったように言うんですが、それはことの本質から外れた言説もいいところだなと。
    ここで大事なのは、まさにさんふぃっしゅさんの仰られますように、見ている本人の「内的体験」、ここに尽きるんだと思います。
    自分の前世であろうがなかろうが、その前世を「追体験」したことによって、患者さんの症状が治癒されている、改善されている、というその「状態」が大事なことなんであって。
    (※ここでは、前世体験のみによって、トラウマの治癒が可能かどうか?というテーマについてはとりあえずは問いません)

  4. 翠榎 より:

    「集合的無意識」=いわゆる巷に言われるところのアカシックレコード、
    その実は、「ホストサーバー」 みたいな感じで。
    そのホストサーバー(集合的無意識)に繋がることで、各自必要な情報=「記憶」を汲み取っている、
    そんな感じなんでしょうか。

  5. ジミヘン より:

    心理療法士でもない素人の私が偉そうですが ははは
    人間の心の領域って 過去からの積み上げの影響だけでなく
    未来からの影響(時間は過去からも未来からも)
    個人の領域だけでなく その奥の集合意識(過去、未来の) もしかしてその先のホストサーバーを作り上げた者たちの影響まで 様々に複雑に絡み合ってできていて

    過去性からだけのアプローチでは足りないと感じるのです
    最近思うのが 実は未来の集合意識からの影響めっちゃでかいと

    分かりやすく言うと 今後の世界を考えると鬱になるでしょ?
    テロが日本にも 地震が 不況が とか 

    うまいこと説明できないのですが 未来を治療領域って絶対大事です
    集合意識=ホストサーバーです アカシックレコードなんかも

    ただ瞑想でホストサーバーにつながれるかはかなり懐疑的
    案外作られた自分の内側のいめーじが多いと思います

  6. ジミヘン より:

    ですが その作られた自分の内側のイメージもめっちゃ大事で
    いろんな意味でも場面でも使えます
    むろん治療なんかでもですし はたまた 呪術でも(私よく使います)
    ついでに作られた自分の外側のイメージ (自分で作った、未来も含む)
    これからってこっちに目を向けて治療も 人生の希望も作り上げてくのが重要かと

    仏教なんかもね ここが遅れてるなあと 禅なんかも内に内に 過去の業というか因果へ因果へとでしょ?

    たしかにそれも大事ですが 私禅病(禅やって鬱になる)これが大きな原因ではと?
    まとめれたら記事にします
    がまとめれる気がしないなあ

  7. ^^ より:

    ぼや~っと思っていたことを、
    ジミヘンさんがわかりやすくにまとめてくれてて面白いです!><

    たぶん生命(宇宙?地球?)全体でひとつの人間みたいなものなんじゃないかな、と思ってました。
    肉体的には
    たとえば溺れた過去の記憶から水が危険だと言う意識がDNAに刷り込まれていて、
    それが無意識に受け継がれていたりとか
    霊的には
    本質的な魂(エネルギー体)の記憶も同じように精神のDNAと刷り込まれているんじゃないのかなあと。

    昔、臨死体験に近い経験をした時期がありまして、
    その時期にいろんなものが見えたのですが(あれはダメですね…一般生活が送れなくなります)とある方を見たところ、
    どうしても複数のエネルギーが(過去にいわゆる転生が出来ないという亡くなり方をした人たちの魂の「かけら」の一部)が一緒になって一つの新しい器(肉体)に入っているようにしか見えなくて
    もしかしたら分解されてクリーンにして再構築されてる途中なのかしら?と感じました。
    そんなケース見たことないし、ありえるかどうかわからないのですが、
    あっちの世界って何でもあるし、それが慈悲というものかもしれないなあと。

    未来へのアプローチ、4次元があるのなら十分あり得ますね^^

    • ^^ より:

      とある方…じゃなくて動物だったんですよ。
      畜生道ってこういうことなのかな?と今では思ったり…
      当時はただ愛されるために、愛するために生まれ変わったのかなって思いました。

      でも人間が動物に生まれ変わるって聞いたことないですよね^^;

  8. 翠榎 より:

    なるほど、禅による鬱病、説得力がありますね。
    内観法とか、一時ずい分色んな人に薦められたりして、自分でもやってみようかな、というよりも、こういうのをいわば通過儀礼的にやらないとその先に辿り着かないのかな、とか一時期は思いましたが、なにか気が進みまない自分がいるのでした。例えてみれば、栄養学の発達した現代に、タンパク質もビタミンも知らなかった時代の粗食の薦め、を受けているようなもので。そうしたものになにか自分の中でしっくりこないものを感じとっていたんです。やっても嫌々になるだろうな、苦痛でしょうがないだろうな、というのが目に見えていました。
    その理由になっているところが腑におちた気持ちです。

  9. ジミヘン より:

    たぶん自分というものって 自分が認識している以上のものなんです
    自分=自分ではなく けっこういろんなものや人 時空や時間軸等の影響まであるんです
    仏教の因果律だけでは対応できないと感じます
    というか たかだか人間がわかるようなもんじゃないですって
    人間では本質はわからんようになってると 逆にだから進歩があるってね
    禅のうつ病ありますよ~

    そのあたり長く難しくなるので 脳にも栄養学的にもなんです
    脳への栄養って1000年前と現在では 必要な栄養素が絶対変わってきていて
    そのままの食生活では 脳への影響あると思うのです

    進化論的に言うと 環境の変化に体って順応すると思うので
    その時代に適した栄養素って 変わるのでは?(体の使い方自体がかわるので 時代ごとに それに今ほど脳を使う時代ないじゃないですか 1日PC画面って どれだけ脳が疲労するんだってね)
    そのあたりのジミヘン説 長くなるし 読者層BBAには興味全くないと思うので
    詳しく書きませんが

  10. ケセラセラ より:

    難しいけど、興味深いです。
    他人は自分の鏡といいますが、他人が自分で、自分は他人というのが理解できる気がします。
    でも、嫌いなひと、苦手な人はいて、自分が理解に苦しむような人は付き合いづらいです。
    先日、占い師さんに、相談したら、自分を好きになれないと他人を受け入れることはできないと。
    私は、自分が好きではありません。

  11. ジミヘン より:

    自分が好きじゃないのも仕方ないです
    無理くり好きになれんしね

    だからといって自分を責めるのはあほです

    ま、好きになれない自分だけど まあ それもいいかくらいに
    思っておけばいいのです

    自分大好きというのも 見ててムカつくじゃんね

    ま、そこまで深く考えなきゃいいじゃん 突き詰めると大抵不幸になります
    物事って 記事にします

  12. TH より:

    ジミヘンさん、時代に合った栄養素、BBAの美魔女なんですが、興味がありまーす。

    未来からのアプローチですか。過去が過去がって、よく聞きますが、そればかりではないのですね。

  13. ジミヘン より:

    時代に合ったBBAの栄養素 プラセンタでしょうか❓ははは
    過去も未来もどっちもでしょうね~

    というか実は時間軸というもの自体がなくて~
    だったりね 時間も空間も どっかを支点にして初めて
    軸ができるというか 基準点ができて~

    と考えると 新しい時代の術ってできそうですよね
    古い術の型に 新しい時代のそういったものを

    意識として込めれば 時代に即したものってできる感じもしたり
    ま、そういうことは 天才に任せますか

    発想としてはありですな

    記事にします

  14. より:

    シロウト考えですが

    ⑴こうなっていたいなーっていう未来を自分で思い描く(思い描くというかむしろそうなってるくらい強くイメージする)
    ⑵その未来から現在に向かって、まるで回想するように、時間軸で出来事を思い浮かべる

    こんな風にすると、望む未来に近づけますかね?うまく文章にできないんですけど
    未来から今への時間の流れっていうのがすごくワクワクします

  15. より:

    ↑ざっくり言うと、ヒプノセラピーを逆方向から行うって感じです。あくまでシロウト考えなので、トンチンカンだったらすみません。

  16. ジミヘン より:

    そのやり方ありかもですね~
    大事なのはなりたいではなく

    もうなっちゃってますというのをどれだけ思い込むことができるかで
    ヒプノも引き寄せも私が言うのも
    頓珍漢で 現実だってあやふやでトンチンカンなので

    いいと思いますよ 逆にあやふやなもの 実証できないものって
    どれだけ自分に都合のよい 論理 体系を作って

    それをちゃっかり使うか おいしい使い方しちゃえばいいです たぶん

    それで わくわくしちゃえば 人生大儲けだもん

  17. より:

    ありがとうございます(^-^)やってみよ〜っ