スポンサーリンク

眷属のいたづらと霊の憑依に効くお経

久々に家に帰宅して冷蔵庫を開けると ありえないことが 2リットルの蒸留水を作って入れておいたペットボトルが1本ない!!

いつも3本作って空のペットボトルが1本あるのですが 2本しかない!!(空も含めて3本)

どこ探しても見つからない!!

そして漫画を読んで風呂から出たらあるはずの漫画がない!!(いまだに)

ま、ちょくちょくあることなので 仕方ないという感じですな はい まあしゃーない

さて如意輪様を拝んでいたら 密教の世界(世界観)にはいりなさい 曼荼羅の中に入りなさい

というお言葉が なんとなくおっしゃる意味は感覚的にわからんでもで

密教の世界観、曼陀羅の中に自分も入って 神仏と同じ空間にいないと 神仏に真言や祈願が届かんぞ~というような ニュアンス

ま、いうのは簡単なのですが どうやって?というのが本音 なのでいろいろ試行錯誤であります

お経や真言も 通じやすい節回しや周波数というのがあるようで そこを意識して唱えると

けっこう意識が飛びます はい

うまくは言えないのですが 体の中で振動させながらといいますか ま、それだけではないですが ははは

中々深いですなあ

さてお経ついでに 

スポンサーリンク

大随求陀羅尼という陀羅尼がありまして 不幸な死を遂げた亡者も解脱するという陀羅尼でして

これが確かに効くのです 私なんかまだまだなので 体がめっちゃつらいときに唱えると

ふわ~っと楽になる 感覚的に言うと 憑依が 洗剤のCMの油汚れのようふわ~っと浮き上がって体から離れていきます

光明真言よりも私にはあってる感じがします 

私程度のものでも そんな感じするので 力のある方が唱えたら 亡者も解脱するんではとマジで感じます

さてレポ

ジミヘンさん、こんにちは~
今日は、暑さが小休止、うれしいです
お盆で身体がえらいそうですが、いかがでしょうか もうあと少しですからね~

みなさんブレスが来てからは、驚くほど眠いと言っていますが、私は、今月2日に届きましたが、来る前のほうが眠かったです
基本、いつでも眠いのですが(笑)

そして、仕事面では、まだ これだっ!という物件はないですが、きっと現れるので、これからも探してみます
なんせ、一棟目ですから 慎重にです

疲れると背中がバッキバキ(張るといいますか。。)だったのですが、それがなくなりました
授乳のせいかと思ってたんですが、霊障でしたか

そして、霊符を丸洗い事件です!ねぇさん。じゃなくって、ジミヘンさん!(古っっ!わかるかなぁ~)
書き下ろしだったのに。あれ、水性ペンなんですね? コピっといてほんとによかったです

知らない間に案外霊症というの受けてるものです

ドライアイや目のカスミも結構そっちの影響も

霊症ブレスや霊府で軽減されたりもしますから

ちなみにそれで軽減されんのは単なる体の不調です ははは

ブログ引っ越したらタイトルも変えます 似たタイトルだと検索に弱いそうなので

ウサギとジミヘンにします ひねりも何もなしで ははは 

新ブログは当然官能小説です BBAからお父さんまで熱くとろけさせちゃいます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 山女 より:

    こんにちは。作家の佐藤愛子さんが同じような体験をされていました。北海道の浦河に別荘を建ててから怪奇現象に悩まされる様になりその体験を本にされていて、とても怖いお話でした。三輪明宏さんや江原さんも登場していて…アイヌの事から佐藤さんの親族の事まで、成仏していない方々が佐藤さんに集まってきているような…本で読んでいる分にはいいですが実際にこんな事があったら恐ろしいです。でも佐藤さんは90

  2. 山女 より:

    すみません、間違えてしまいました。90歳を過ぎてもお元気で最近も新刊を出しました。
    私は昔からのファンなので佐藤さんの信じられないようなお話もきっと本当の事なんだなと思っています。

  3. 翠榎 より:

    江原氏が世に出られるきっかけでしたね。佐藤先生とのことは。
    もっとも後年、江原氏が有名になって絶頂期だった頃は、佐藤先生は複雑なご心境でもあったようです。
    また、元々、江原さんが世に出られる前、勉強会で一緒に学んでいた生徒さん方とも結果的にお別れする形になり、先達のところで色々とそんなお話を…
    また、やはり江原氏が世に出られる前の霊能者仲間の中には、ものすごく江原氏を憎まれている方もいるのを個人的に存じています。

  4. yocy より:

    真言はですねえ、最近 歌会始のときの
    あの ゆっくりした感じで唱えてます。
    力不足で、通じてる感じはないですが、
    自分で気持ちいいです。
    それから、ペットボトルのお水はですねえ
    留守中に訪ねて来られた オネエちゃんが、
    一気飲みしました!間違いないです。

  5. やすこ より:

    お稲荷さんがいたずら好きってのは端から窺う分には興味深いですが、実際目の当たりにすると困ったものですね。笑
    過去に某掲示板で見かけた、家人不在時にのみ電話に出るお稲荷さん(疑惑)のエピソードを思い出しました。
    そのお稲荷さん(推定)も、やはりお揚げが好みのようで、お揚げの煮付けを置いておくと食器を洗うとこまでやってくれてたとか(^。^)面白いです。

  6. ジミヘン より:

    私の遺言ですね 私も読みました 母も読みすごい話もあるもんだとしきりに感心してました ははは
    学生のころ 興味半分で日本心霊学協会に通ったことあるのです
    そこに江原さんの師匠の寺坂さん(だっけ?)もいて

    そのお知り合いの方なんかにもいろいろ江原さんのお話し聞いたりしてました
    皆さんお話し好きの噂好き ははは

    ま、皆さんいろんな感情を持たれたり持たれてなかったりということで ははは
    稲荷さんはいたずら好きです ブログにも書きましたが 右から左へ

    移動させるのが好きです たぶんペットボトル 全く知らない家に行ってるのでしょう ははは

  7. クロ より:

    少し前に我が家では朝起きたら手鏡がなくなってました。
    決まった場所に入れてるのでないはずがないのに…
    そして、私なくし物ってほとんどしないのです。…が。
    未だ行方不明ですT_T

  8. 翠榎 より:

    その怒っていた人というのは、英国心霊なんとかで学んだことを基に、みんなで築き上げたいわばその結晶を江原は自分ひとりの業績みたいにして持って行って世に出て行った、 みたいなことを言っていましたけどね。憎しみに満ちた表情で。
    私は元々、江原氏は信じていませんでした。その前の超有名人であった宜保愛子氏の印象があまりにも鮮烈だったせいでしょうかね、江原氏はそれに比べると小粒というか、薄いというか、正直偽物くさいというか、そんな印象を抱いていました。美輪氏の凄さは当時から感じ取っていましたけど。
    上述したことも含めて何故か要所要所で色々あって、今は江原氏に対しては否定派からニュートラル、さらにはちょっと肯定的な見方に変わりました。
    彼は元々、神官の資格も取得されています。そして北○八幡宮で奉職もされていました。
    そんな原点(惟神道)のところに帰って行かれて欲しい、とそう願っています。

  9. johnny99 より:

    江原さんって最近、金髪だか銀髪にしてなんか中性みたいなことおっしゃってますね。(バイではなくて)

    宜保さんは最初出てきた時はスゲースゲーと世間も言っていたのに、晩年はあまり良く言われてなかったですね。人相のせいかしらん?(^^;

    先日も財布から諭吉が一枚消えて、「いよいよウチもジミヘンさんとこからお稲荷さんが!?」と思ったら、娘の仕業でした。トホホ(TT)

  10. 翠榎 より:

    宜保さんバッシングも江原さんバッシングも凄かったですね。
    あの世界の常道です。
    「上げるだけあげといて落とす(陥れる)」
    美輪さんは落とされる前に、ある妥協、をされているそうです。
    だからここ数年はやたらとおちゃらけたキャラでテレビに登場されるようになったでしょう。
    恐ろしい世界です、本当に。
    でも先達はそんなテレビ業界、マスコミ業界からの圧力に、「屈しては欲しくなかった」と残念がっていました。

  11. ジミヘン より:

    宜保さん 晩年そんなに叩かれたんですか?インチキ!!って?
    実は 宜保さん自体 あんま印象がなくて 江原さんほどよく知らんのです
    ははは

    美輪さんやはり 芸能界の人でそのあたりも上手だったのですね
    ま、マスコミと戦って勝てるはずないですから