読者登録お願いします
スポンサーリンク

ダムに沈んだ村 その行方と霊の障り 地元の代議士も真っ青

ダム作ると 村を全没とかにしちゃうじゃないですか?うちも結構な面積の土地
ダムに沈められてるのですが 

やっぱねえ そのダムの周囲の土地 よくないです 土地全体が怒ってるといいますか
当然ダムに沈んだ土地なんかはね~

そこにはお墓や神社 お寺なんかもあったでしょうし 
まあ 発遣やらはしてるはずですが それでも その神様の眷属であったり

その土地にいた精霊 はたまた そこの土地で暮らしてた霊にしてみたら面白いはずないです
ダムって昼間は結構静かじゃないですか?

湖面のような水面で おだやか~で

ですが夜は怖いですよ~ 沼やら山やら廃屋やら 怖いとこってあるけど
実は私 ダム というのは かなり怖いのです はい

スポンサーリンク

ま、作らざるを得ない理由があったと思いますが 案外利権だったりドロドロしたものが
かなり占めますから 余計にね~ 霊は怒ります

ダムがらみは うちの田舎もいろんな話聞いてます 業者のだれだれが 不幸があったとか
地元の代議士の家庭に~とか

その当時の田舎の有力者の親戚が~とか 飼っていた犬が~とか
ですが 案外直接代議士や 工事を請け負った社長には来ないこと多いですよね~

皆さん不思議に思われますが そういうのって弱いとこに言っちゃいますから

ほら、土建屋さんや代議士さん 良くも悪くもエネルギッシュじゃないですか?
現役の時って

なので 逆に現役退いて ああ、年取ったなあ~というくらいから なんでこんな難病が?や
大病しちゃったリ 収賄で逮捕されたり 一挙に運勢が落ちたと感じること多いのです

ま、本当の運や業って 人生の終盤に現れますから 元気なうちは案外乗り越えるといいますか

跳ね返すといいますか はい なんだかんだで障りも体力勝負なこと 多いのです

コメント

  1. ^^ より:

    うちは区画整理で道路になったのですが、当時幼い私だけが酷い霊体験にあいました。もしかして似たようなものだったのかもしれないですね。
    お墓だけじゃないんですね^_^;

    この木を切ると人が亡くなる、的なネタを親戚がたまに話してましたが、最近はその類の話は滅多に聞かなくなりました。
    新しい人がどんどん入ってくるようになったからでしょうね。

  2. やすこ より:

    遅いか早いかの違いで、やったことはしっかり回収されるあたり、怖いというか平等というか…とばっちりの人には迷惑ですが(´・_・`)
    やっぱり人を理不尽に泣かせたり我欲を出しまくりってのは控えたいものです。

  3. チャム41 より:

    ダムの近くに住んでます 笑 うちの土地は引っかかってないんですが。なんかわかんないですけどダムの土地に神仏祀ったとこあったんだろうなと思うことはありますね。

  4. ジミヘン より:

    木はね 結構切ると障りが 旧ブログにも木を切ってはいけません という内容の記事あります 術でも古い大木を切るときの 術とかありますから ま、その前の祈祷といいますか 
    ダムはですね ま、手ごわいといいますか ま、すんじゃってるものは仕方ないですからね~ 区画整理 そういえば 高校の同級生の家が えらいことになりました
    記事にします 思い出した!!お地蔵さんをどけて敷地の中にという話

    まあ 昔からあるものをどけたりって 障りきますね~
    まずは 理不尽に泣かせないことだいじですが 生きてる限り 誰かに どこかに迷惑をかけてるということを 認識して けんきょにですよね~ 

  5. やすこ より:

    怖すぎます。土地の障りが話題になると、つくづく確認できうる過去の地図に目を通さないとって思います。元処刑場とか分かりやすくいわくある土地じゃなくても、沼地などの埋立地は(地盤弱いし)物理的にもヤです〜地名に引っ掛かりがあれば郷土史もチェック…

    仰るように、普通にしてるつもりでも知らず傷つけたり迷惑をかけちゃうので、更に積極的に虐めたり不快感を与えたらどんだけ返るのって…
    仏罰神罰は知覚したことないですけど、起こるかどうか試したいとは思えませぬ/(^o^)\

  6. ボトルパーム より:

    住んでいる地域には昔の村一つにつき7つ、「いじってはいけない場所」が存在します。
    「モリ」と呼ばれます。
    森のようなもの、中に古い祠があるもの、大木が1本だけのもの、お地蔵さまが祀られているところなど様々で、昔は村の結界の役割を果たしていたとも言われています。
    さすがに時代の流れとともにいくつかは消えてなくなりましたが、私が住んでいるところは多分7つとも存在します。
    枝1本折ってもダメ、葉っぱ一枚持ち帰っても祟ると言われるので、茂りっぱなしのぼうぼうですが、誰も手入れをしようとはしません。
    迷信だと片づけられそうなお話ですが、昔からの住民はやはりモリを大切にし神聖視しているなと感じます。
    近くの小学校や中学校の校庭にもあり、けっこうなボリュームになっていますがそれが何なのか教わることなく子どもたちは卒業していきます。

    別地域では道路をつくることになってモリを動かしたそうなのですが、できた道路は見通しも悪くないのに事故が頻発するので、祟りだと当時まことしやかに言われていたようです。
    他にもモリに手を出して目が見えなくなったとか、足が立たなくなったとか、地元の古老からの聞き取り調査ではそのような話がたくさんあります。

    ダムを作って…というお話を聞くと、田中元首相が浮かびます。
    列島改造論で道路を作って人やモノの流れを変えて…というイメージがあるのですが、
    晩年運気がダダ下がりだったのは障りが降りかかったのも一因かと思いました。

  7. ジミヘン より:

    神域、禁足地 はたまた いわくのあるものや場所 それらはいじっちゃダメですから
    土地がらみは 命無くしたりもしますからね~
    霊能者も見極めが大事 頼まれたからなんでも受けるではなく
    無理なものは無理 です
    あとは能力 私には無理というね
    刑場はやばいですね~ 都内の某刑場とか 今思っただけで意識が合うのか
    背中がざわざわします 映像も浮かびます 海風で煙が苦しいなと 耳もキーンとしてきたので
    記事にしまっす たぶん
    角栄さんは霊的に 実は呪詛されちゃった感がすごく感じます
    あとはですね~ ある種の見せしめといいますか はい

  8. あー坊 より:

    ダムを作るにはそれなりの理由があると思いますが…祖父のいたお寺のほぼ目の前がダムになりました。
    麓の市の水がめとのことですが、過疎の村でしたし、とくに何かあったとは祖父からも父からも聞きませんでした。
    ただ、祖父も亡くなってから十数年ほどが経過してから、東北大震災が起きて…まさかの理由で廃村になりました。それがダムを作った影響なのでしょうか。たんに煽りを喰らっただけにしては、何故祖父の村が?と疑問に感じてしまって。