泣けない子供は不幸です

裏ブログで引きこもりなんかの学生さんの話書きましたが 私は思春期に引きこもっちゃったリってまだ大丈夫かなとも

ある方で とてもしっかりしてよい娘さんがいまして お嫁さんにもらったら絶対いい嫁になるぞと

子供のころからしっかり者で面倒見がよく何でも一人で背負ってしまう全く手のかからないかたでは?と思う方で

スポンサーリンク

子供時代に泣けなかった子供は不幸だな 子供らしく反抗期や問題すら起こせなかった子供は
不幸だなと思うのです 

親や先生にとっては本当に手のかからないいい子じゃないですか!!
でも反抗する時期、めっちゃ問題が起きるべき時期にそれすら起こせないのって

実はうちの兄もそうなのです 半端なく優秀で まあエリートさん 子供のころからまったく手のかからないおこさんで

大人になってから 折れました 壊れました 
家庭を持ってから 壊れて 母親に子供のような文句たくさん言ってました ○○(私)ばかりひいきして~ やら○○には~を買ってやっても俺は買ってもらえなかったとか

子供に戻ったかのように たぶん彼はお兄ちゃんらしく甘えられず いろんなことを我慢してたのでしょう それを母親から聞いたとき 胸痛みました ま、今は大丈夫ですが

起きる時期に起きないってやはりねという

子供時代に子供らしく過ごせなかったら 今からでも少しずつ子供時代に戻っていいと思うのです 思い切り泣いて持てない荷物なんか放り投げて ダダこねたって
自分の身近な人(妻や夫や恋人や)が

もしそうなっても それくらい受け入れる度量見せなきゃです

今からだって全然遅くないと思うのです 何十年と我慢して頑張ってたのですから
泣いたってわがままいったっていいと思います 

いやいや 大いに言いましょう やっぱさあ 泣くべき時期に泣けないのって不幸だし可哀想じゃんね と思ったりで

人間ってさあ 平等ではないと思うのです 正直な話 ま、権利やらは平等であるべきと思いますが

平等ではないけど誰もが幸せになるべきだよねって そのために泣くことが必要なら
お母さんだから 長男だから 長女だから お父さんがいないから 私が頑張んなきゃって

背負い続けなくても 誰かに渡したっていいし 泣くべきです はい
なんかいい話書くなあ~このあたりが人気の秘密ですね ははは 

自分でいうのもなんですが そこらの占い師さんたちより深い話書きますね~ ははは

誰も褒めてくれないので

さてレポ

ブレスレポというほどのことではないのですが、
この頃暑くてブレスをつけずに、枕の下に置いて寝ているのですが、
今日起きたら右腕にブレスがはまってました(゜ロ゜)
眷属のイタズラなのか、腕にはめとけよと教えてくれたのかわかりませんが、
不思議な出来事でした(^^)

我が家ではしょっちゅうです 先日はお供えのお菓子がなぜかスピーカーの上に乗ってました

そして弁財天の眷属の白い稲荷さんが こっちをみて ニヤッとしてました ははは
ま、一応実家陰陽だしね~ 眷属のいたずら あります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やすこ より:

    グサグサ刺さります/(^o^)\
    反抗期はあったのでずっとマシでしたが、すぐ下に病弱なきょうだいがいたため、基本的に親の顔色を伺っていい子ちゃんしてましてw
    「ホント手のかからない子だった」と母親がドヤ顔するのを苦々しく思ってます。何もわかってねえwwって。
    その反動か、付き合ってる人には幼児返りのようにしょーもない駄々こねたりしちゃいます…嫌だから嫌だとか。
    類友なのでしょうか、似たようなタイプの友人がちょこちょこいて、やはり成人してから親子関係に歪みが出てますね(´・_・`)

    おもちゃ屋さんの前で欲しい欲しい欲しい!とわめいてビー!と何処でも泣ける子は本能的に受け入れられてると分かってるんだろうなあ、いいなあってw

  2. やすこ より:

    大人になってからでも泣いていい、というジミヘンさんのメッセージがとても嬉しいです〜^o^

  3. 翠榎 より:

    旧ブログでも書きましたけど、私も転校して周りに全然親戚とか血筋も含め頼りになる後見人ゼロ。おまけに移った場所はジミヘンさんの言われる自分にとって合わない場所で(成績も一挙に2、3ランク落ちてしまうし本当に出口無し状態の地獄でした)。それで本来なら自分が登校拒否とか起こしたかったんですが、先に妹が参ってしまって登校拒否。妹は頭に円形脱毛症おこすほどでしたし、自分まで登校拒否おこしたら家庭崩壊するな、と子供心に思いまして根性で「良い子」で頑張り通しましたよ。多少おちゃらけて、全然転校による環境の変化とか堪えてないようなフリをしてね。でも誰かに見抜いて欲しかった。
    大学ぐらいに一挙にそれまで蓄積していたダメージが上限に達しましてバーンアウト。パニック・過呼吸で体が硬直し、体に酸素を取り込みすぎたせいで脳に血流が回らなくなり目の前が真っ暗になにも見えなくなって心臓だけが激しくバクバクいっている…あの時はマジで死ぬかと思いました。それで何度も救急車で病院に運ばれました。
    いまだに当時のことは直視できないです。
    父も「我慢の子供時代」を送ってきた人なので、そういう時の対処法が分からないんですね。とにかく「強権発動」あるのみで。
    一番気を使って欲しかった(また気を使うことが必要だった時期である)思春期に、本人に逃げ道がなく、良い子であることを通さざるを得なかった経験は仰る通りのちのちまで本当に尾を引きます。
    あと、つくづく、人間って、自分が許されたところまでしか人を許すことも出来ないなあと。聖書にもそうありますが。イエスのみ言葉として「少ししか許されなかった人は少ししか許せないのです」と。
    時間の神様をもってしても、まだまだ時間がかかりそうです。

  4. ちょび より:

    こんにちは(^-^)

    うちの旦那様はまさに、ジミヘンさんのお兄さんと似てますね
    壊れるほど、繊細ではないですが……

    子供時代は度重なる転校と、三人兄弟の一番上、しかも教育熱心で厳しい父親という環境で育ったためか、色々と我慢することが多かったようです

    昔の反動なのか、今は涙もろいし、子供のようなワガママを言う時もあります
    そうか、昔できなかったんだ……と思えば許せる所もありますね(たまに受け止め切れず、怒りますが(笑))

  5. tomo より:

    翠榎さんの「多少おちゃらけて、全然転校による環境の変化とか堪えてないようなフリ」、全く同じです。青春期の気持ちが蘇りました。。。
    転校も1度や2度じゃなかったし、陰湿な酷いイジメもありました。(コレは強い父の「強権発動」で鎮静化しましたが)
    他にもたくさんの原因があって、我慢がお得意な、本当の感情を主張しないいわゆる八方美人タイプの大人になった気がします。更に見た目で「平気で堪えていない」と思われがちなため失礼な事を言われたりされたりしても平気なフリして我慢我慢、、、その限界が来た時にパーン!と爆発し、尋常じゃない怒りが沸くので一気に肝臓と膵臓の値を悪くして数日間倒れます。
    私ももう少しお時間がかかりそうです、、、。

  6. mw305 より:

    期待しょいこむんですね。中学校の先生に三者面談で、真面目すぎて面白みがないと言わるくらいでした。頑張って生徒会まで引き受けてるのにかわいがられるのはやんちゃな子ばかりで、踏んだり蹴ったりでした。体育の磯貝先生(洋光おじさん)だけは、担任でもないのに地味な私もいじってくれてましたよ。ジミヘンさんお若いのに本当に深い記事ですごいです!

  7. ジミヘン より:

    子供ってSOSの出し方わかんないじゃないですか 反抗や引きこもれる子供はある意味まだいいと思うのです 親御さん安心しましょう
    学校の先生って その出し方のわからないSOSを敏感に察知してほしいです
    いじめとか表に出ていないものを

    記事にしまっす
    ま、そこまでは大変でしょうが ですが思っちゃいます
    私なんか先生になったら いい先生になるなあ~ なるべきだなあ~と
    思ってた時期ありました が
    そしたら大学全く単位とってなかったので そんな資格のための講義取る余裕すら ははは
    大学入ったら 1年からそこそこは授業でて単位とりましょう
    4年でえらいめにあいます もしくは3年に上がれません ははは

  8. ジャン・レノ より:

    びっくりしました。
    ジミヘンさんのお兄様の言ってる事が今、姉が言うことと同じで…。
    姉はまだ子供のような駄々っ子が続いております。
    子供の頃はやはり優等生タイプで大人しくて、引っ込み思案。生徒会もやり学年で一番はしょっちゅう。全国一位も取るほどでした。
    私が周りを笑わせてるのを側で見て笑ってるだけだけだったのに。
    それがある日突然私の手を振り払い邪険にするようになり、以来今の今まで続いております。

    そして高校から突然演劇部に入り自己顕示欲を発露し始め、そこからは我が家の我が儘問題児と化しました。
    私は姉に本気で蛇が憑いてると思いましたからね!(笑)
    小さい頃に母親を盗られた。自分は愛されていない…という気持ちが強かったようです。特に母へのコンプレックスが凄いです。ちょっと離れてる位が調度良いのです。

  9. リラ熊 より:

    私も泣けない子供でした。模索し続け抜け出したと思っても引きずり戻されこんな年齢になっても渦中真っ只中です。時間の神様に私は見えてないのかもしれません。
    物心ついた時に長女だから下の子の面倒を見る事を諭され同時期に両親の喧嘩が酷く自分の気持ちより場を収める事を優先した事が泣けない子供になった原点かもしれません。
    当時は家に居るのが重苦しく嫌でした。
    現実は子供だけど精神的には親みたいな妙ちくりんな立ち位置で冷めている所と子供のまま成長出来てないアンバランスさな自分が嫌になります。
    子供が泣く前に泣く母の話を聞き父は支配的で誰もこちらの気持ちに気付いてくれる人はいませんでした。
    溜め込んだ気持ちが爆発した事がありますがウチは逃げるタイプの親だったので内容より親に口答えした子と基本悪人扱いです。
    こちらは受け入れて貰えず受け取り続ける自分はゴミ箱みたいだなぁと思う事があります。
    とり返すチャンスはどこのお家でも訪れると思うけど受け皿がなかったら墓場まで持って行くしか残されてないなと痛感しています。
    色々な事を許そうとしても許す事が出来ない自分に出来が悪いんだと更に嫌気さしてましたが翠榎さんの許す許さないの箇所に少し救われました。
    私には鬼母でしたがそれでも生きていて欲しく集中治療室から生還出来る様祈り続けてますがまだ取り返したいのかと複雑な心境でお腹に力が入りません。

  10. snow より:

    みなさん、たくさんたくさん頑張ってきたんですね。振り返るとわたしも、親の前で大泣き出来ない子供でした。負担になりたくなかったんです。

    頑張る、無理をする、我慢する、諦める、心を殺す、全部本来の自然体の自分から遠退く行為です。
    子供の頃、家族の為と思いながら、自分を少しずつ削ぎ落としてきたんですよね。でもやっぱり自分も苦しいから、壊れないためにそれを当たり前の事だと言い聞かせて心を殺す。感じるのをやめる。
    そうして大人になると、無理をしている事すら全く気がつけなくなる。
    わたしも長く、自分を大切にするという事の本質がわからなくなっていました。

    今やっと、ひとつずつ自分を思い出そうとしています。
    まだ心を殺したりする前の、幼くて無邪気だった頃の自分は何に夢中になっていたかな?
    大好きなのに諦め続けていたものは?
    いろんな柵を持つ前の、本来の自分。

    自分が身を削ってまで尽くす事を、大切な人たちは心からは望まないんだと気がつけるようになりました。笑っていた方が喜んで貰える。
    無理なんかしなくても、もうここにいるだけでいいんだなと思うのです。わたしも、家族は今元気でいてくれるだけで嬉しいからです。

    まだまだ昔の感覚に囚われてますが、毎日自分の望むことに「それでいいよ」と言ってあげるように、心がけてます。
    自分で自分の事をわかってあげられる、許せる度に、涙が出ます笑
    納得できるまで、時間をかけて「自分で自分のこと」を考えてあげるのってとても大事だなと感じています。

    わたしの子供の頃、みなさんの子供の頃、あわせて抱きしめてあげたいと、コメント読んでいて思いました。

  11. あり より:

    みなさんの声で、自分の幼少・思春期を思い出しました。
    頑張っていい子になりたかった、いい子と思われたかった、そうする事で親を安心させたかった。
    けど、私は高校の途中で部活をやめて(私=部活でした)、母にも父にもワガママ放題。けど兄は、いつもいい兄ちゃんで。
    かっこ良くて、近所の子はみんな兄が好きって感じで。
    私が看護学校に行きたいと知った事で、兄は高校卒業後自衛官になり。
    後に母から聞いたのですが、兄は介護の道に進みたかったけど、金銭的に我慢したと。
    兄が初めて怒ったりのが、30歳になる頃で。私と母に急に怒鳴り出して(私も母も内容に全く同感できず)浮気したり、別れると大騒ぎしたり(お嫁さんも大騒ぎ)オレは、アスペルガーだとか。その度に、母は振り回され、家族であたふた首をかしげ。現在も兄の子達を月の半分、お世話して。母に頼りっぱなしで。(兄夫婦は、自衛官同士、夜勤が重なったりで親に預ける)
    兄いわく、お前は父に好き放題言えるけど、オレは絶対できない。と、笑いながら言います。
    仲良し家族だけど、私よりももっともっと、気を使って生きてきたのが兄だったのかなと。そんな兄に、私は何が出来るんだろう?と。そう、思うのは、母がしんどそうだから。
    父も私も自分のマイペースだけど、母は兄のペースに合わせるので(長男ってカワイイけど、そこまで~?!)とも思ってしまう。
    まとまってなく、すみません(-_-;)
    なんだか、支離滅裂ですねf(^_^;)

  12. ジミヘン より:

    ま、いろいろ子供時代有りますわな でも「両親だって必死で育てたんです
    親だって初子育てみたいなもんじゃん 2人目とかでも それは責められないです
    ので もうみなさん大人になったのですから 自分で自分の機嫌取りながら
    上手に癒していけばいいのです 泣いたっていいし あの頃の自分を抱きしめたっていいし(ちょっときもいね ははは)
    人のせいにするより そっちの方がいいでしょ?
    それだけの話です はい
    責めて幸せになれるなら まあいいけど 大抵なれないですから
    今から秒速で幸せになればいいのです(BY矢沢翼)

  13. 翠榎 より:

    私が神社やカトリック教会に熱心に通うようになった動機はそれですし(その前にワイス博士とかスピにも救いを求めてめちゃくちゃ傾倒しましたが(^_^;))、やはり神社や教会で同様の過程を経られてきた方々、それも私と同様にいまだダメージから抜けきっていない方々とも出会ってきてそれが財産といえば財産になっているのかな、と思っています。
    あと、教会で私を見るなり「一生懸命“良い子”を頑張ってきたのねえ」と仰っていただいたちょっと不思議なご年配の女性の方との出会いがありまして、それが忘れられない記憶として残っています。あまり詳しく私の経歴とか述べてないんですけどね。どうして分かったんだろう?いずれにせよ、上記の言葉にすべてが含まれていて、どれだけ“溶かされる”ような思いがしたことか。とても感謝しています。
    でも欲を言えば、本当に私に助けが必要だった時期(思春期)に出会いたかった…

  14. うい より:

    うちは商売をしていてお昼ご飯時にはいつもダンボール箱の中に入っていた。
    まだ小さなあたしが、うろちょろすると皆がゆっくり出来ないから……

    ダンボール箱の中から眺めていた景色。

    本当は寂しかったな。皆と一緒にご飯食べたかったな。

    泣きたかったな……

    でもダンボール箱からいつもみていた景色は、ママが一生懸命皆にご飯を給仕していたから……

    あたしが泣いたり我が儘言ってこれ以上ママに忙しい思いさせちゃいけないな~……

    本当は泣きたかったんだ。

  15. うい より:

    だから 今はじゃんじゃんバリバリ泣いてま~す\(^o^)/

    そして またギャハハ~て笑って!

  16. ジミヘン より:

    トンネルは出ます 古いと特に 新しくても じめじめ暗いとこに寄るというのもですし
    自然を壊して精霊がもですし
    崩落事故 あるじゃないですか 今でも工事の予算に事故の補償まで含んでるのですから

    ま、ふつうに気持ちよくないと感じるとこはね 子供のころトンネル通るたびにぶっ飛んでました ははは LSD的な感覚の 記事にします サイケだ~

  17. うい より:

    トンネル  やばいですよね……

    トラックドライバーさんなみにここ最近走り回っていますが、やはりトンネルはきついです。

    特に田舎に行けばいくほど対面通行で車幅が狭く電灯も殆どついていないトンネルがざらにあり(゜Д゜;)

    パラレルワールドにでも吸い込まれちゃうのかという感覚に何度も襲われ……
    ハンドルをしっかり握っていても左右に揺さぶられることもしょっちゅうで

    一昨日通った、とある和歌山のトンネル ちょ~ヤバかった(ToT)高速が出来るまではかなりの交通量があったけど、高速が出来てから交通量も減少し……
    以前にも増して寂れた感満載でジメジメ

    人間の勝手都合で……